雑談を冷やすが、チームの敗北

西地区の最強の延長戦勝負の末、フェニックスが笑った。

フェニックス・サンズは8日(以下、韓国時間)、フェニックス・サンズ・アリーナで行われた2020−2021NBA正規リーグでユタ・ジャズを相手に117−113で勝利した。この勝利で7連勝を走ったフェニックスは、西1位ユタとの乗車を1.5試合に減らした。一方、ユタはこの日の敗北で連敗に陥った。

フェニックスは延長戦を支配したデビン・ブッカーが35得点4リバウンドで攻撃の先鋒の役割をした。스포츠중계 クリス・ポールも29得点9アシストで試合調整と決定的な3点シュートでチームを導いて勝利を手にした。加えてリーグ1位のリバウンドチームユタを相手にフェニックスが提供権(61−45)を掌握したのも勝利の原動力となった。

ユタ州は、ドノバン・ミッチェルが41ポイントと8リバウンドで恐ろしい活躍を繰り広げフェニックスの雑談を冷やすようにしたが、チームの敗北で光が望んだ。

第1四半期の制圧はフェニックスのシェアだった。ポールは7得点を挙げ、攻撃の先鋒に立った。加えて選手たちを陣頭指揮し、序盤13-2 RUNを作った。しかし、第1四半期のリードはユタ州で、最初のターンオーバーでうんざりしていたが、ボルグダン・ヴォグダノビッチとミッチェルは3点シュートを1回成功させた。結局、第1クォーター終盤のルディ・ゴベアの攻撃リバウンドに続くゴール下得点でユタの1点リードしたまま(21−20)終了した。

ユタマイク・コンリーの得点で2クォーター砲門を開いたユタが、そのリードは長続きできなかった。フェニックスはキャメロン・ジョンソンの3点シュートをはじめとポールが連続的に右エルボウで相次いでミドルシュートを成功させ雰囲気をもたらした。ユタ州もミッチェルとヴォーグダノビッチに対抗したが、第2四半期に10ポイントを奪ったブッカーに拘束された。フェニックスは51-40でリードし、前半に終了した。

第3四半期はナンタ戦だった。ユタはクォーターの開始からミッチェルとヴォーグダノビッチが7点を合弁し、先制攻撃を放った。これにフェニックスはジェイ・クラウダーの3点シュートで急火を消しブッカーとディアンドレ・エイトンの得点でリード(60-52)を維持した。その後、ユタ州はミッチェルとジョー・イングルス・フェニックスがダリオ・サリッチとジョンソンがお互いに得点を交わした。

しかし、第1四半期に続いてリードを握ったのはユタだった。ユタ州は、コンリーがデレク・ファーバーに絶妙なパスを渡し、スコアを1ポイント(76-77)に絞り込み、その後、バザービターの左サイドの突破を成功させた。ユタはコンリーの終盤の活躍に支えられ、きわどいリード(78−77)を持ってきて4クォーターを迎えた。

第4四半期は第3四半期と変わらなかった。フェニックスはポールとトレイ・クレイグ、エイトンを得点し、ペースを引き上げ、ユタのエース・ミッチェルが再び動き始めた。ミッチェルは、突破得点をはじめと3点シュートを成功させ、相手反則を引き出す3点プレーまで完成させた。これに負けフェニックスもポールの3点シュートとブッカーの速攻得点で対抗した

その後、ポールはジャンプシュートを成功させ、102-99フェニックスが有利な立場を取ったが、試合終了10.4秒前にミッチェルの3点シュートを奪い、タイ(102-102)を作った。フェニックスはブッカーが最後のショットを試みたが、リムを無視して試合は延長戦に入った

延長戦にも熱気は食い込むとは思わなかった。フェニックスは、延長戦だけで7得点を挙げたブッカーを中心に、延長終了1分2秒前、ポールの3点シュートがリムを分け、6点差(114−108)貴重なリードを握った。ユタ州はあきらめず、ミッチェルとコンリーが連続して突破に成功し、試合を接戦(112-114)に導いたが、スコアを逆転させるには時間がなかった。結局、勝利の女神はフェニックスに微笑んだ

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다