政策がどのように推進されるか

金融労組韓国シティ銀行支部は16日、シティグループが韓国シティ銀行の小売金融撤退を決定したことについて、「ニューヨーク本社の拙速で一方的な発表を認めることができない」と反発した。

労組はこの日、出入口で「労働組合は一致団結して、強力な闘争を展開することを明らかにした」と述べた。

また、「経営陣には、発表内容を数日前にすでに認知したにもかかわらず、폰테크 当日までに偽りの演技をしてとぼけで一貫して賃金団体協議交渉を終えようとしていた事実を与えさせ厳重警告と即時辞退を要求した」と述べた。

労組は2020年度賃金団体協議を進めており、19日に予定さ最終交渉決裂時、中央労働委員会の争議調整を申請する方針だ。この場合、一ヶ月後にゼネストをはじめとする合法的な争議が可能になると労組は予告した。

労組は「シティグループは最近10年間(2011~2020年)韓国シティ銀行から約2兆9000億ウォンを配当及び用役費の形で持っていったのに対し、10年間、新入公開採用職員を一人も採用しなかった」と批判した。

続いて「現在、韓国シティ銀行には約3千500人の職員が勤務しており、そのうち消費者金融所属職員が約2千500人(営業店所属約940人を含む)」とし「消費者金融に対する売却または撤退などの出口戦略が推進される場合、大規模な失業事態が発生し、顧客への被害が懸念される状況」と指摘した。

労組はまた、「預けた資産を心配しているお客様の問い合わせが殺到して、ポイントごとに数百億ウォンのバンクランが発生している」とし「企業金融に集中するとはいえ、昨今の無責任な行動について、企業金融の顧客も注視している」と述べた。

続いて「利益に汲々残りの数十年間取引したロイヤリティの高い顧客を古着シンチャクのように捨てている」とし「労組は、金融当局と緊密に協力して、顧客の被害事例の外国資本の策略を一つ一つ明らかにする」と述べた。

しかし、このような労組の「バンクラン」主張について韓国シティ銀行は「全く事実無根」と明らかにした。金融当局でも「特別な動向はないと把握している」と述べた。

労組は16日から本店で糾弾デモをして、19日に緊急電源運営委員会を開き、緊急対策委員会発足と闘争基金編成をすると発表した。また、今月末から国会政務委員会は、環境労働委員会の活動などを計画している。

労働界は、第8代雇用労働部長官候補者に指名されたアン・ギョンドク経済社会労働委員会(慶事労委)常任委員に対して、「疎通力を備えた安定した管理型人事」という評価を出した。

安氏は、行政自治部(33歳)の職員であり、30年間、公職社会で労働業務を遂行し、2019年に副長官に就任し、次官級の上級上級上級幹部に就任し、大臣に指名された。

主に労使関係と労働政策に優れた見識を備えているという評価を受ける。労働部で労働政策室長、企画調整室長などの主要補職を務めており、労使関係調整チーム長、外国人労働者政策課長、国際協力官、労災予防補償政策局長をはじめ、様々な分野の職責もあまねく経た。

労働界では、「内定者」が「大きな罪のない安定した人事」という評価が多い。 労使間の仲裁経験を持つ高位公職者の一つで、疎通力だけは認めるという話も出ている。

ある労働界の関係者は、「労働部公務員時代、特別な過失はない人」とし「少し無色無臭な典型的な公務員に見えるが、傾斜労委で労使関係と社会的対話に関する視点がかなり広くなって、この部分では、他の官僚よりも肯定的」と述べた

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다